修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方
  • HOME
  • 修紅短大について

修紅短大について

ごあいさつ

学長

牧野 順四郎

修紅短期大学は、明治32年(1899年)に小梨こま先生によって創立された裁縫学校が出発点です。その名前は裁縫修紅女学校でした。本学は、戦後間もない昭和28年(1953年)文部省の認可を受け、岩手県初の私立短期大学として創設された短期大学です。ですから、通算しますと120年近い歴史をもつ伝統ある短期大学です。

本学の建学の精神は、「信愛」・「健康」・「報恩」です。この精神を踏まえて、「すぐれた社会人になるまえに豊かな人間性を」をモットーに“人間性重視の教育”を第一に掲げています。本学の教育目標は、豊かな人間性を持ちながら、社会の変化に柔軟に対応できる人材、現場の要請に即応できる専門知識と技術をもった人材を育成することです。

本学には「幼児教育学科」と「食物栄養学科」の2学科があります。いずれの学科において、「子ども教育」あるいは「食育」について、最新の専門教養と専門技術を学ぶことができます。そのどちらも、人間社会にとっては時代を越えた永遠の課題といえるでしょう。

現在、少子高齢化社会と地方創生がしきりに叫ばれています。本学は、学生の皆さんが本学での学びの成果を、子育て支援に、また地域社会の再生や創生に活用してほしいと願っています。私どもは、地域に根ざし地域に貢献する優れた人材を育成することに力を注いでいます。

学生の皆さんが第一に持たなければならないものは「将来の夢」です。それを実現するためのやる気と情熱が学びを支えます。夢とやる気さえあれば、本学で専門知識と技術が十分に習得できます。今は、知識も少なく夢も薄いかもしれませんが、全く構いません。本学の先生方が皆さんの夢を膨らませてくれます。皆さんの入学を心からお待ちしています。

修紅短期大学 協力会会長
一関市長

勝部 修

東京圏への一極集中を是正し、多様な地域社会の形成と地域の活性化を目指す「地方創生」の推進にあたり、地方都市には独自性のある自立した地域づくりが求められています。その実現のためには現代社会に対応した人材育成と豊かな人間性の教育が不可欠です。修紅短期大学では時代のニーズを的確に捉えた学科改編を行うなど高等教育の実践を通じて、地域に根ざし地域に貢献する有為の人材育成に力を注いできました。豊富な知識と情熱を持った人材が、この地から誕生することは本当に意義深く、「無限の可能性」を秘めた皆さんの入学を心から歓迎いたします。

ページ上部に戻る

建学の精神・教育方針

建学の精神

「信愛」「健康」「報恩」

教育方針

本校は昭和28年、県内初の設置認可以来「すぐれた社会人になるまえに豊かな人間性を」という人間教育重視をモットーに社会の進展に寄与する人材の育成に力を注いでいます。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

幼児教育学科

  1. 乳幼児期を中心とした子どもに関する豊富な専門的知識が身についている。
  2. 専門的知識・技術を実際の場面に応用し、自らの活動を省察し改善していく確かな実践力が身についている。
  3. 社会人としての豊かな教養と他者への共感力が身についている。

食物栄養学科

  1. 栄養士に必要な知識と技能が身についている。
  2. 社会・地域の人々の健康の増進・保持のため、食生活の改善を通して多方面で活躍できる実践力が身についている。
  3. 専門職業人としての意識と責任感が身についている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

幼児教育学科

  1. 幅広い学問分野や知見に触れ、豊かな教養を身につける。
  2. 乳幼児期を中心とした子ども観や現在の子どもに関わる多様な社会的問題を理解するとともに、子どもの発達に関する専門的知識を身につける。
  3. 実習・演習を通して、幼稚園教諭や保育士としての総合的な実践力を習得させる。
  4. 地域社会における保育・教育課題を理解するとともに、家庭支援や特別支援に関する知識・技術を習得させる。

食物栄養学科

  1. 栄養士に必要な知識や技能を身につける。
  2. 栄養指導に必要なコミュニケーション能力、チームワーク、リーダーシップおよび対人関係力を育成する。
  3. 食育に関わる教育指導力を育てる。
  4. 自然・文化への理解とともに情報活用力・生涯学習力を育てる。

ページ上部に戻る

修紅短大の魅力

「子どもたちの笑顔」と「真の豊かな食文化」を創造すること。
それは将来の日本を元気にする原動力。
確かな専門性と豊かな人間性を兼ね備えた人物の育成を目指す本学では、
「幼児教育学科」と「食物栄養学科」の実践的な2学科を設定。
少人数制だから出来る、充実のカリキュラムとサポートで
育むチカラを養い、ここから前進していこう。

学びのメリット

  1. 01 豊富な実習と学び 常に現場で必要とされる学びを重視
  2. 02 徹底した少人数教育 アットホームな環境で徹底指導
  3. 03 100%の就職率 確実なキャリア支援で未来を拓く
  4. 04 2年間の充実教育 短大だから出来る実践的専門教育
  5. 05 歴史は信頼の証 60余年の育み、本物の感性教育

ページ上部に戻る

沿革

 修紅短期大学は、前身である裁縫学校(創立者小梨こま先生)を1899年(明治32年)から裁縫修紅女学校そして一関修紅高等学校に改称し、1953年(昭和28年)岩手県初の家政科単科の私立短期大学として文部大臣より認可をうけ設立。


修紅短期大学開校式(昭和28年)


修紅短期大学旧校舎(昭和33年)

沿革

1953年(昭和28年) 修紅短期大学開学「家政科」設置
校舎及び講堂(第一体育館)新築
1958年(昭和33年) 「保育科」増設認可
1958年(昭和33年) 校舎(普通教室・図画工作室・音楽室・ピアノ練習室)増築
1972年(昭和47年) 「保育科」保母養成所指定認可
1974年(昭和49年) 「家政科」を「家政学科」に、「保育科」を「幼児教育学科」に学科名変更
1985年(昭和60年) 修紅短期大学を麻生東北短期大学に校名変更
1986年(昭和61年) 現校舎新築
現体育館(兼講堂)新築
位置を岩手県一関市萩荘字竹際49番地1へ変更
1988年(昭和63年) 「家政学科」を「生活科学科」に学科名変更
1995年(平成7年) 2号館(現実習棟)増築
2000年(平成12年) 「生活科学科」を「生活文化学科」に学科名変更
2001年(平成13年) 麻生東北短期大学を修紅短期大学に校名変更
2001年(平成13年) 「生活文化学科」栄養士養成施設指定認可
2003年(平成15年) 「生活文化学科」を「食物栄養学科」に学科名変更
2010年(平成22年) 法人名を「学校法人富士修紅学院」に変更
2017年(平成29年) 法人名を「学校法人健康科学大学」に変更

ページ上部に戻る

学校法人 健康科学大学

修紅短期大学
www.shuko.ac.jp
〒021-0902 岩手県一関市萩荘字竹際49-1
Tel.0191-24-2211(代) Fax.0191-24-2213
一関修紅高等学校
www.shuko.ed.jp
〒021-0807 岩手県一関市字東花王町6-1
Tel.0191-23-3096(代) Fax.0191-23-3095
修紅短期大学 附属認定こども園
www.shuko.ac.jp/kg/
〒021-0902 岩手県一関市萩荘字竹際71-2
Tel.0191-24-5005(代) Fax.0191-24-5006
健康科学大学
www.kenkoudai.ac.jp

健康科学大学
河口湖キャンパス(健康科学部)
〒401-0380 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7187
Tel.0555-83-5200(代) Fax.0555-83-5100

都留キャンパス(看護学部)
〒402-8580 山梨県都留市四日市場909-2
Tel.0554-46-6600(代) Fax.0554-46-6606

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る