修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

学科長のあいさつ・教員紹介

学科長のあいさつ

食と栄養を通して、
人々の命を支える栄養士へ

食物栄養学科教授
学科長

髙橋 秀子

食品学・食品加工学・食品学実験

本学科では、食と栄養に関する専門的な知識と調理技術を身につけて、栄養士免許を取得できる教育をしています。

現在、私たちの周りは多種多様な食品であふれています。世界から運ばれてくる食材料、調理済みの惣菜類、お菓子や飲料の加工食品、豊かな食品に囲まれています。また、人々の生活の様子も変容してきています。そのため、様々な食事状況があらわれるようになりました。カロリーの高い食事、偏食傾向の食事、反対に簡略化された食事などの問題が指摘されています。このように生活習慣病を引き起こしやすい食生活は好ましいものではありません。

食品に興味を持ち、それらの特徴を知り、調理に工夫をして、おいしさを探究し、栄養バランスのとれた食事を提供することで、人々の食生活を健康的で安定したものにすることができます。食べることは、命をつなぐことです。ごちそうさまには深い意味が含まれています。食事の意味をよく考え、よりよい食生活の実践と推進者になることを本学科では目指しています。

乳幼児から高齢者までの人々を、食を通して笑顔にさせる仕事、それが、栄養士です。

本学科では、栄養士の資格、さらには栄養教諭二種免許状とフードスペシャリスト資格を取得できます。食と栄養をとおして人々の命を支えるスペシャリストを目指しましょう。

教員の声

渡邉 美紀子

実践力のある栄養士育成を目指しています。

講師

渡邉 美紀子

栄養学実習・臨床栄養学実習・給食管理

栄養士は、食と栄養の専門職です。つまり栄養士には、食に関する幅広い知識が求められています。本学の授業と演習・実習を通して食と栄養について学び、基礎知識と技術、様々な場面に適応できる応用力を身につけ、社会で活躍することのできる専門職、栄養士をめざしてみませんか?

日々の生活の一部である食の世界を学問的な視点で学ぶことは、たいへん楽しいことです。積極的な学びの姿勢を持った学生の入学を期待しております。

教員紹介

鈴木 惇

教授
鈴木 惇
解剖生理学・運動生理学・食品衛生学

元気で長生きするには、健康な身体をつくる必要がある。それには、身体の仕組みと器官の働きを熟知しなければならない。それを学ぶのが、解剖生理学、運動生理学、食品衛生学だ。これらを学んで健康寿命をのばせ。

鈴木 惇

講師
冨岡 佳奈絵
調理学・栄養指導論II・給食管理実習

「食べる」ことは生きることと直結しています。栄養はもちろん、人がおいしいと感じ、心も豊かになれる「食」について、一緒に考えましょう。

青山 裕二

教授
青山 裕二
有機化学・生化学・基礎栄養学

私たちは、毎日食事をしています。その食べ物は、体内で分解され吸収され栄養になります。その生命活動を自分でとらえましょう。

小野 智子

教授
加藤 憲一
教育原理・教育基礎理解

教職関係の科目を担当しています。子どもの食育に関わる栄養教諭の重要性は、今後ますます増すでしょう。修紅短期大学で学んで、栄養教諭に挑戦してみませんか。

小野寺 淑行

准教授
小野 智子
栄養指導実習I・学校栄養教育論

栄養士は、様々な状況の方々を相手として栄養学の実践をします。皆に待ち望まれるような栄養士をめざし、授業を深めています。

高橋 秀子

助教
横山 恵
フードスペシャリスト論
フードコーディネート論

「食べる」ことは好きですか??
1日3回×365日×数十年…
食事で未来は変わります!
修紅で学び、一緒に健康長寿サポーターになりませんか!!

冨岡 佳奈絵

助手
佐藤 佳織
各実験・各実習

実験実習で多くのことを自分の目と手で確かめられます。

横山 恵

助手
阿部 真弓
各実験・各実習

実験実習にて食に関する知識を深めていきましょう。

大友 佳織

助手
阿部 友衣子
各実験・各実習

自分にも皆にも、やさしい食事を一緒に学びましょう。

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る