修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

学生の声

食物栄養学科で学ぶ在学生のリアルボイス!

食は元気の源
みんなの健康を
支える栄養士へ

食物栄養学科2年

小山 燎さん

(水沢第一高等学校出身)

私は高校では調理科に在籍し、調理師になるための勉強をしていました。その中で食材について知識を深めるうちに、栄養学や食品衛生学に興味を抱き、徐々に栄養士という仕事に憧れるようになりました。

修紅短大での学びは、将来の目標のためだけでなく、日々自分が生活する上で役立つものばかり。例えば、1日に摂取したい野菜の量を教科書の情報だけでなく、実習を通して手の感覚や目で見て確認することができます。小さな発見や気づきも見逃さず、失敗を肥やしにして、少しずつ成長していると感じています。また、食に関する情報はとても更新が早いので、講義や課題で忙しくても、テレビやインターネットから情報を把握するように心掛けています。

日本人の食事摂取基準に示されている栄養素量を満たせる献立を、また疾病に対応した献立を考えられる、みんなの健康を支える栄養士を目指します。

食の楽しさを伝え
地域の元気に
貢献したい

食物栄養学科2年

佐藤 愛さん

(石巻市立女子高等学校出身)

料理を作ることが好き。でも、この料理の栄養価はどうなんだろう。台所に立ちながらこんな疑問を抱くことがありました。特に家族が病気になった時、健康な食事について強く意識しました。

現在私は、修紅短大への入学をきっかけに祖父と生活しており、夕食の支度を担当しています。老人ホームや福祉施設の栄養士として働きたい私にとっては、毎日の祖父の反応が良し悪しのバロメーター。栄養バランス、味の濃淡、歯応えなどを考えながら、年配者の好みや食べやすさを自分なりに研究しています。また、健康を意識するとシンプルな味付けになりがちですが、おいしいと感じる味の深みやうま味、見た目の楽しさも重要だと感じているので、休日にも様々な料理に挑戦し学んでいます。

学校生活は、実習が多くレポート課題に悪戦苦闘していますが、夢をかなえるためには、今が一番の頑張りどき。将来の最終的な目標、管理栄養士を目指して、こつこつと経験値を上げていきます。

実習Talk

より実践的・体験的なカリキュラムで、現場で必要とされる力を磨きます。

食べることの楽しさ、喜びを伝えたい。

食物栄養学科2年

佐藤 眞愉さん

【岩手県立花巻南高等学校出身】

修紅短期大学は、栄養士免許を取得できることに加え、栄養教諭二種免許状、フードスペシャリストの資格も取得することができます。栄養の知識を深めるだけでなく、食育活動を通して教育現場の在り方について学びを深められる点が修紅短期大学の魅力でもあります。
栄養士にとっては、献立作成をすること、つまりカロリー計算をして、栄養のバランスがとれている食事を提供することが主な仕事内容になりますが、それだけではありません。一つ一つの食べ物の栄養素を知り、それがどのように体に影響を与えているのか、体の構造を知っておく必要があります。解剖生理学実習や生化学実験なども栄養士になる上で重要です。私は入学当初は、自分の中で思い描いていた栄養士のイメージと異なり戸惑うことありましたが、授業を重ねていくうちに人体の構造やヒトの遺伝子についての学びを深めることができました。

また給食管理実習は、私たちが献立作成・作業管理・衛生管理・経営管理など、一連の作業を行う実習です。食べる人に喜んでもらえるよう、グループでアイディアを出し合って取り組んでいます。大学では専門的なことを学ぶので、初めて聞く言葉や器具などの扱い方は戸惑うこともあると思います。分からないことをすぐに先生に聞ける環境も修紅短期大学の魅力でもあるので、そのままにせず解決して有意義な学校生活を送ることができます。

私は将来、食物の特性を知り、学びを深め、食育に役立てていきたいと考えています。食育とは心を豊かにし、知識を豊富にさせ、健康な体作りに関わってきます。子どもだけでなく大人やお年寄りにも大切なことです。「食べることは生きること」という言葉をよく耳にします。食べることの楽しさ、喜びを伝えることのできる栄養士になりたいと考えています。

実習 Pick Up

動画給食管理実習Iの動画はこちら

実習の1日

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る