修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

学生の声

食物栄養学科で学ぶ在学生のリアルボイス!

子どもたちへ
食の大切さや楽しさを
伝えていきたい

食物栄養学科2年

塩越 叶さん

(岩手県立宮古高等学校出身)

幼少の頃、学校給食に対してなぜこの味なんだろう、もっとこうした方がおいしく食べられるのにと思ったり、自分よりもずっと大きい友人と同じ量を食べなければならないのかなど、給食について多くの疑問がありました。

中学生の頃に母親から栄養士という職業を教えてもらい、給食献立の管理をしていると知りました。子どもにとって、おいしく食べやすい給食を提供し、栄養面はもちろん食べることの大切さや楽しさを、もっと子どもたちに伝えたいと思ったのが、栄養士を目指すきっかけです。

修紅短大へ入学してから、目標に向かって日々授業や実習に打ち込んでいます。学ぶべき内容がたくさんあり、テスト勉強や提出物に追われる毎日ですが、食のプロフェッショナルになるために基礎となる自分磨きを続けて、多くの実習で応用力をより高めていけるように、着実にレベルアップしていきたいと考えています。

食は健康の源
地域の元気に
貢献する栄養士へ

食物栄養学科2年

河東田 未来さん

(岩手県立北上翔南高等学校出身)

私は社会人として接客業に就いた際に、不規則なライフスタイルが続いたせいか体調を崩してしまい、健康について考えさせられた時期がありました。健康な体を作るには、やはり食事が大切だということを実感し栄養士の仕事に興味を持ちました。

そこで修紅短大の食物栄養学科の存在を知り、オープンキャンパスに参加したことがきっかけで入学しました。今までのキャリアとは畑違いの分野ですが、栄養学の基礎的なことから本格的な実習まで、新鮮な気持ちで取り組んでいます。少人数の短大なので、先生との距離が近いというメリットを生かし、授業の分からないところはそのままにせずその都度先生に聞いて解決しています。また、世代が違う友人ともアットホームに学び合いながら、共通の目的を持つ者同士良い刺激になっています。卒業後は、地元の病院や福祉施設の栄養士として、バランスのとれたおいしい食事を提供していきたいと思います。

実習Talk

より実践的・体験的なカリキュラムで、現場で必要とされる力を磨きます。

全てはコミュニケーション力から。

食物栄養学科2年

佐々木 美南海さん

【盛岡誠桜高等学校出身】

高校時代は調理科で学び、将来は栄養士の資格を取りたいと考えていました。修紅短大は少人数のため先生との距離が近く、質問がしやすい環境なので授業や実習に意欲的に取り組むことができ、夢に向かって前進していることを実感しています。

実習を体験して、先ず感じたのは数字の重要性でした。献立作成では塩分やカロリーの計算など、調理では計量作業や濃度の計算など、何かと計算づくしで大変なのですが、繰り返し続けながらじっくりマスターしていきたいです。また、実習でのグループ行動を通してコミュニケーションの大切さを痛感しています。たとえば大量の給食を作る給食管理実習では、作業効率や班のチームワークが大きな要になります。グループ間で作業の確認をし合ったり、伝達は大きな声で分かりやすく伝えるなど、協調的な態度で取り組むように心がけています。

私自身、栄養士から直接受けた食育指導で、ほんとうに食は素晴らしいということを知ることができたので、今度は私が子どもから大人まで幅広い世代に伝えることができる栄養士になりたいと思っています。そのために多くのことを学び、幅広く活躍できる存在になるため努力しています。

実習 Pick Up

動画給食管理実習Iの動画はこちら

実習の1日

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る