修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

キャンパスライフ

修紅短大Top News
幼児教育学科で育むチカラ

01表現力

音楽は心をつなぐ
第34回 こどものためのファンタジックコンサート
心ひとつに…熱演♪

毎年一関文化センター大ホールで行われる、幼児教育学科の学生による大好評の音楽コンサート。アンサンブルや劇あそびミュージカルなど充実のプログラムでこの日を待ち望んでいる学生や市民のみなさんがいます。おかげ様で34回の開催を迎え、皆様の声援や拍手に支えられて感謝と感動に満ちた舞台となりました。


園児とともに「キッチンコンサート」


園児とともに「カレーライスのうた」


劇あそびミュージカル「野菜パーティー」


フィナーレ「PPAP」


女性アンサンブル「UFO」


トーンチャイム「君をのせて」


フィナーレ「ドラえもん ~夢をかなえて~」

02実践力

本物に触れ感性を磨く

特別講座 Close Up

幼児教育学科では、感性を磨き心を豊かにするための特別講座を開催しています。音楽や教育分野など第一線で活躍の著名な方々を招き、年に20回の割合で講演会やリサイタルを行っています。併せてファシリテーションの専門家を迎えたワークショップ形式の講座も導入。コミュニケーション能力と積極性を養うための、本学ならではの特別講座です。


岩本智子氏「子どものための手話」


菊地政隆氏「音楽遊び・リズム遊び」


蕎麦田さやか氏(フルート)
佐々木ゆみ氏(ピアノ)デュオコンサート


熊澤厚子氏「現代マナー講座」


大野琢哉氏(パーカッション)
柴田誠太郎氏(ピアノ)デュオコンサートと
パーカッションワークショップ


平澤恵氏TPOにあったマナー講座(スーツ、着物、袴、ドレス)

03行動力

被災地に笑顔を届けます。

保育園、幼稚園や老人ホームなどを訪ねタッチベルの演奏を行う、幼児教育学科のボランティア活動。障がいを持つ人のために作られた楽器、タッチベルを授業に取り入れたことをきっかけに生まれた活動です。ピアノ、カホンやヤイリギター、さらに手づくりの楽器を加えての演奏は、見る人・聴く人を魅了し大好評。三陸沿岸の市町村の幼稚園施設など150ヵ所以上の訪問ふれあいコンサートを実施しています。


ボランティア「クリスマスコンサート」


ボランティア「希望郷いわて大会選手団サポートボランティア」


ボランティア「難病の子どものためのみちのく七夕キャンプ」


ボランティア「被災地支援コンサート」(気仙沼市)


ボランティア「被災地支援コンサート」(岩泉町)

修紅短大Top News
食物栄養学科で育むチカラ

01企画力

食を通じて地域貢献

企業コラボでスキルアップを続ける食物栄養学科
修紅短期大学×フードパワーセンターバリュー

食物栄養学科の学生が考案した、こんにゃく入り炒飯などボリュームがあるのにヘルシーな「ボリューム満点中華弁当」やクジラの竜田揚げなどを詰めた「なつかしの給食弁当」を一関市・奥州市のフードパワーセンターバリュー6店舗で販売し、人気商品となりました。
「なつかしの給食弁当」は斬新さが注目され、「惣菜・べんとうグランプリ2017」で優秀賞を受賞し、東京ビッグサイトで開催された惣菜デリカ・弁当・中食・外食展「ファベックス2017」にて、展示・表彰されました。


ボリューム満点中華弁当


なつかしの給食弁当


弁当プロデュースメンバー


東京ビッグサイト「ファベックス2017」出展

修紅短期大学×松栄堂

学生が企画開発し、松栄堂(株)が製造したおまんじゅうです。入学式・卒業式での限定販売品です。

02実践力

修紅短大×修紅短期大学附属認定こども園

隣接する修紅短期大学附属認定こども園で、幼児を対象に栄養指導を行います。実際の子供達の反応をじかに感じることができ、栄養指導の実践をすることで、「企画力・指導力・洞察力」に磨きがかかります。

地域とのかかわりを大切に!

一関地方産業まつり・商工祭

一関市主催で行われる「一関地方産業まつり・商工祭」に毎年ボランティアで参加しています。栄養士に必要とされる幅広い年代の人々とのコミュニケーション能力を養います。

特別講座 Close Up

プロの指導でレベルアップ

プロのシェフによる新調理システムの講習会、学校給食センターでの試食も兼ねた研修会などを行なっています。


給食センターの見学


栄養教諭による講話


学校給食の試食

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る