修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

キャンパスライフ

修紅短大Top News
幼児教育学科

音楽は心をつなぐ
第33回 こどものためのファンタジックコンサート

心ひとつに…熱演♪

毎年一関文化センター大ホールで行われる、幼児教育学科の学生による大好評の音楽コンサート。アンサンブルや劇あそびミュージカルなど充実のプログラムでこの日を待ち望んでいる学生や市民のみなさんがいます。おかげ様で33回の開催を迎え、皆様の声援や拍手に支えられて感謝と感動に満ちた舞台となりました。


フィナーレ「オハイエ」

被災地に笑顔をとどけます。

決して風化させない長期化活動

保育園、幼稚園や老人ホームなどを訪ねタッチベルの演奏を行う、幼児教育学科のボランティア活動。障がいを持つ人のために作られた楽器、タッチベルを授業に取り入れたことをきっかけに生まれた活動です。ピアノ、カホンやヤイリギター、さらに手づくりの楽器を加えての演奏は、見る人・聴く人を魅了し大好評。平成25年、26年度は三陸沿岸の市町村の幼稚園・保育園、施設など70ヶ所の訪問ふれあいコンサートを実施しています。


岩手・人権のつどいin一関(一関文化センター大ホール)


クリスマス会ボランティアコンサート


第37回室根町読書のつどい

特別講座 Close Up

本物に触れ感性を磨く

  • キッズマナー講座
  • 絵画制作講座
  • ストーリーテラー(語り部)養成講座
  • ピアノ指導者養成講座 など

幼児教育学科では、感性を磨き心を豊かにするための特別講座を開催しています。音楽や教育分野など第一線で活躍の著名な方々を招き、年に20回の割合で講演会やリサイタルを行っています。併せてファシリテーションの専門家を迎えたワークショップ形式の講座も導入。コミュニケーション能力と積極性を養うための、本学ならではの特別講座です。また、館ヶ森アーク牧場と里山での現地探訪もあります。


里山現地探訪


館ヶ森アーク牧場現地探訪


テイセナ氏(バイオリン)高橋咲千子氏(ピアノ)リサイタル


田中雅弘氏と霧島音楽祭コンサート(附属こども園児と)


菊地政隆先生(客員准教授)ワークショップ


熊澤厚子先生、附属こども園園児と一緒にキッズマナー講座


大野琢哉先生パーカッション講座


林裕美子氏(ソプラノ)中村展子氏(ピアノ)リサイタル


蕎麦田さやか氏(フルート)佐々木ゆみ(ピアノ)リサイタル


岩本智子先生の子どもの手話ソング講座

修紅短大Top News
食物栄養学科

食を通じて地域貢献

企業コラボでスキルアップを続ける食物栄養学科

修紅短期大学×フードパワーセンターバリュー

食物栄養学科がプロデュースした3種類のお弁当をフードパワーセンターバリュー一関店で販売しました。野菜がたっぷり栄養バランスもヘルシーなメニューは校内外で好評を博しました。



弁当プロデュースメンバー


奥の都どりのみそ焼き弁当


SOYから揚げと彩り野菜弁当


びっくりエビフライ弁当

修紅短期大学×松栄堂

学生が企画開発し、松栄堂(株)が製造したおまんじゅうです。入学式・卒業式での限定販売品です。

いわて国体レシピ作りに取り組む

食物栄養学科では、平成28年度に開催される岩手国体の宿泊施設で選手らに提供する食事の手引きとなる標準献立(レシピ)作りに取り組みました。標準献立は、栄養基準量の確保や地元食材の活用、郷土料理の取り入れなどが条件とされ、本学から献立6つと単品料理5品が大会実行委員に採用され、レシピ集が完成しました。

地域とのかかわりを大切に!

一関地方産業まつり・商工祭

一関市主催で行われる「一関地方産業まつり・商工祭」に毎年ボランティアで参加しています。栄養士に必要とされる幅広い年代の人々とのコミュニケーション能力を養います。

特別講座 Close Up

プロの指導でレベルアップ

食物栄養学科では、学校給食センターでの試食も兼ねた研修やプロのシェフによる新調理システムの講習会をはじめ、栄養アセスメントや栄養ケアに関する演習などを行なっています。




学校給食の試食


栄養教諭による講話


栄養アセスメントの実習


給食センターの見学

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る