修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

学科長のあいさつ・教員紹介

学科長のあいさつ

子どもの成長を実感できるよろこび。

幼児教育学科教授
学科長

千葉 正

体育実技・保健体育・幼児体育・保育内容(健康)A

地域の人たちから信頼される専門職として、「子どもに寄り添う心・人を大切にする心」を育みながら、広く豊かな視野と柔軟な感受性を身につけた保育士・幼稚園教諭を養成しています。
現場での即戦力を重視し、キャンパス内に隣接している修紅短期大学附属認定こども園で、元気いっぱいの子どもたちとの交流を重ね、保育の現場を身近に感じながら、より実践的な学びを深めています。より良い保育や教育が提供できるよう、必要な資質と能力・技術などを磨くことによって得た経験等が、卒業後の専門職(仕事)に活かされています。

保育者は常に子どもたちの成長を感じ、子どもならではの視点に新たな発見や驚きにあふれた環境で、毎日を感情豊かにつとめることができるこの専門職(仕事)のやりがいは何と言っても「子どもの成長を実感できる」ことではないでしょうか。

笑顔あふれる子どもたちから元気をもらい、子どもたちの成長を間近で感じる喜びはもちろんのこと、日々生活を通して子どもたちと一緒に自分自身も成長できることに、この仕事の魅力を感じることができます。

本学は皆さんの夢を叶える環境を整えております。保育士・幼稚園教諭の資格・免許の他に、保育の現場で役に立つ様々な資格等が取得できる環境が、卒業後の就職などに直結しています。是非、本学で夢を叶えてみませんか。

教員の声

ピアノ初心者も音楽を楽しく学び
音楽の喜びを伝えてほしい。

教授

鈴木 美樹子

音楽I・II・III 保育内容(表現)

本学は、新入生の約8割以上がピアノ初心者です。そのため、音楽では楽譜の読み方、楽典なども学びながら実技をします。

障がい者のために開発されたタッチベル、指一本で弾けるヤイリギター、木箱を叩いてリズム打ちを学ぶカホンなどを導入に取り入れ、音楽の楽しさを体験できる初心者プログラムを充実させています。即興的にできるアンサンブルにより、0~5歳児テンポ感、拍を学びます。一点ラ音を中心とした音感を0~5歳児の音域に沿って学び、正しい音程で歌うことを学び、コード伴奏(スリーコード)を弾きながら歌う弾き歌いをします。

子ども一人ひとりの成長に合わせて無理なく、歌い、踊り、リズム遊びが指導できる保育者を目指してほしいと思います。子どもの無限な可能性を輝かせるために、保育者自身の柔軟な感受性がとても大切です。

人間の発達の神秘を学びましょう。

教授

菊池 武剋

保育の心理学I 発達心理学

ひとは人によって育てられてはじめて人になることができる。それが人間発達の基本です。人間の子どもは、彼らを愛し、大切に育てようとする人々の中へ生まれてくることによって成長し発達していきます。子どもの側から見ると、かれらが自分をとりまく人間たちと、「人間の絆」をどのように取り結んでいくかが、その成長発達を規定してくる原動力となり、人々と交わり、関係しあう場をとおして、子どもは自分の中に潜在させていた能力を発揮し、方向づけ、その使用のしかたを身につけていくのです。

このような人の発達について、学んでいきましょう。人間の発達の不思議さ、たのしさ、難しさ、大切さをわかってほしいです。

個性あふれる園児たちのために。

教授

佐藤 惠一

図画工作

園児たちが砂場で山や道路をつくっています。その脇で空き容器に砂を入れて、プリンやケーキをつくっています。小さなお花を添えておいしそうです。教室では、窓のそばで絵を描いている園児がいます。「せんせー、ここ何色がいいかな・・・?」とケンちゃんが先生につぶやいています。あなたは、なんて応えてあげますか?修紅短期大学では、個性溢れる園児たちのために、心の理解を深め、様々な材料体験を行いながら、ケンちゃんの想いや願いへの接し方を学んでいきます。

教員紹介

野呂 アイ

助教
中尾 彩子
保育の心理学II 臨床心理学

何かや誰かと関わる楽しさや難しさを、支えることのできる保育者を目指しましょう。

小野寺 里子

助教
館山 壮一
社会福祉 児童家庭福祉

現場に出てから困らないように相談援助の技術を学びます。楽しみながら全員で資格と就職を目指しましょう。

小野寺 里子

助教
後藤 みな
教育制度 保育内容(環境)

授業ではドイツやアメリカなどの自然体験の事例や自然遊びについても学びます。

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る