修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

OB&OG Voice

活躍する卒業生のリアルボイス

子どもたちの成長を感じる瞬間に、
保育士のやりがいを感じます。

社会福祉法人 希望の光 睦保育園 副園長

平成29年卒業

菅原 香さん

岩手県立大東高等学校出身

保育士として勤務して1年が経ちました。現在は3・4歳児クラスを担当しています。毎日新しい発見や気づきがあり、勉強の連続です。勤務する保育園では、キリスト教保育を特色とした温かい雰囲気に包まれており、子どもたちはのびのびと生活を送っています。

在学時は、ピアノの習得に苦労しましたが、2年間のレッスンと先生方のサポートのおかげで、さまざまな歌を弾けるようになりました。基礎となる知識や手遊びなども現場ですぐに活用でき、学びの多くが今生かされています。

今の目標は、子どもたちと保護者に寄り添い、安心していただける保育者です。短大の2年間はあっという間です。そして、必ず自分の力になります。たくさんの出会いを大切にしながら、多くを吸収して充実した学生生活を送ってください。

小さな表現でもキャッチし、
利用者の幸せを創造する支援員でありたい。

障がい者支援施設 黄金荘 勤務

平成27年卒業

菅原 幸也さん

岩手県立一関工業高等学校出身

施設内で生活を送る利用者の身の回りの支援はもちろん、障害の特性に合わせたケアを行い、安心して過ごせる環境づくりが支援員である私の役割。一人ひとりに歩み寄り、笑顔を引き出し、幸せを感じてもらえるよう、日々支援にあたっています。

この職場で働きたいと思ったきっかけは、学生時代の実習で黄金荘へ伺い、利用者と触れ会えたことです。障がいという特性をもちながらも、一生懸命意思を伝えようとする姿、そして自分を頼って温かく迎えてくれたことが嬉しく、職員として関わりたいと思うようになりました。保育に必要な周りを広く見る目、相手の気持ちに立った声掛けの仕方など、短大で身に付けたことが今役に立っています。就職先は幼稚園・保育園だけではありません。在学中にさまざまな経験をし、自分のやりたいことを見つけてください。

得意分野を生かして
子どもたちがのびのびと輝ける環境を創ります。

学校法人願成寺学園 認定こども園 一関幼稚園 勤務

平成27年卒業

渡邉 拓利さん

岩手県立岩谷堂高等学校出身

卒業後に自閉症者への支援を3年間行い、今年度より保育教諭として年中組の担任補助をしております。私が勤務する認定こども園一関幼稚園は「遊びを通しての学び」「読み聞かせ」「座禅」など、さまざまなことへの取組みと「リズム遊び」にも力を入れており、自分の特技である音楽を生かして保育に取り組める環境です。

学生時代で印象に残っていることは、ボランティア活動として東日本大震災で被災された幼稚園や保育園を訪問した際に、ミニコンサートを開催したり自分たちで製作した楽器を寄付し、子どもたちのキラキラした笑顔に触れたことでした。ボランティアを通して学んだ、子どもに伝わりやすい言葉掛けや音楽は現在の保育現場で役立っています。

子ども一人ひとりがのびのびと成長していけるよう、特技の音楽や自閉症者への支援の経験を生かした保育が出来るよう試行錯誤していきたいと思います。

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る