修紅短期大学

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 保護者の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

学生の声

幼児教育学科で学ぶ在学生のリアルボイス!

子どもが好き
お世話が好き
保育士の夢へ前進

幼児教育学科2年

髙橋 純郁さん

(岩手県立一関第二高等学校出身)

私は中学2年の頃、職場体験で訪れた幼稚園で、園児たちと触れ合い、とても楽しく、やりがいのある職業だと感じて、幼児教育に携わりたいと思うようになりました。修紅短大へ入学し、幼稚園と保育園の違いについて理解を深めたり、実習を重ねることで、目標がより明確になり、今は保育士への道に向かって、学習に取り組んでいます。

実習では、楽譜を見ずに季節の歌をピアノで弾いたり、さまざまな手遊びをしたりする保育士の姿がとても印象に残り、自分も近づきたいという気持ちが強くなりました。そのためにも、日々の講義で専門的な技術や知識を身に付けることはもちろんですが、弾ける曲を増やして、レパートリーの幅を広げられるように努力しています。

また、同じ目標に向かって励ましあえる友人の存在も力になります。修紅短大で出会った仲間たちと過ごす毎日は、とても楽しくいつも笑顔でいっぱいです。今後もこの友情を大切に育んでいきたいと思っています。

子どもと保護者に
寄り添える
保育者を目指して

幼児教育学科2年

小池 綾子さん

(盛岡白百合学園高等学校出身)

私は2人の子どもを保育園に預けて通学しています。大学を卒業し、好きな仕事を続けていましたが、子どもが生まれてから保育という仕事の重要性を強く感じるようになりました。自分自身が育児をする中で「なんで?」「どうして?」と壁にぶつかることが多く、子どものことをもっと知りたい、このキラキラした存在をもっと伸ばしてあげたいと思ったことが、保育教諭を目指すきっかけとなりました。

授業では、一度もピアノに触れた経験のない自分がいつのまにか曲を奏でていることがとても不思議ですが、これは現場で使える音楽を分かりやすく教えてくださる先生方のおかげだと思います。子どもが楽しくなる工夫を凝らした伴奏ができるよう、これからも練習を続けたいです。

私の新しいチャレンジは、大切な子どもからのプレゼントだと思っています。家族やすてきなクラスの友人たちに助けられて、いつも感謝の思いを持ち、充実した毎日を過ごしています。

実習 Talk

より実践的・体験的なカリキュラムで、現場で必要とされる力を磨きます。

幼児教育学科2年 渡邊ののかさん

【岩手県立一関第二高等学校出身】

実習で得られる大きな達成感

修紅短期大学に入学しようと思ったのは、2度のオープンキャンパスに参加してカホンやタッチベル、パステルアートを体験させていただき、ここでしか学べないことがあると思ったからでした。また地元に就職希望だったこともあり、就職の実績に惹かれたこともその一つでした。

普段の授業では同じ志を持つ者同志、アットホームな雰囲気の中で切磋琢磨しています。また音楽などの実技科目では一層少人数クラスになり、初心者でも弾けるように楽譜を編曲してくださるなど、一人ひとりに合わせて細かく指導してもらえます。

実習では毎日の日誌記入や読み聞かせのための指導案作成など、大変なこともありますが、日誌や指導案の書き方を一人ひとり指導してもらえたことがとても役に立ちました。一日をやりきったときの達成感は大きいものでした。

将来は入学時の目標の通り、できれば地元に就職し、笑顔を絶やさず子どもたちの気持ちを受け止め、学んだことを日々の保育に活かせるような保育士になることです。

修紅短期大学附属認定こども園

敷地内に修紅短期大学附属認定こども園があり、幼稚園及び保育園の実習も行われます。同園で開催される行事への参加、子どもたちや保護者の方々の日常を目のあたりにするなど、実際の現場をしっかり学ぶことができます。

実習の一日

※スケジュールは実習先や対象の幼児の年齢によって異なります

  • ページ上部に戻る
  • ページ上部に戻る